Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/nonkokosane/yorubura-funwari.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
【美容師タケ】詰まらないよー!ノンシリコンとシリコン入りシャンプー | a ma maniere ~私のやり方で

a ma maniere

ア・マ・マニエール ~私のやり方で

【美容師タケ】詰まらないよー!ノンシリコンとシリコン入りシャンプー

【美容師タケ】詰まらないよー!ノンシリコンとシリコン入りシャンプー
【a ma maniereのオーナーTakeが運営する「艶髪ブログ」です】
「ノンシリコンシャンプーの方が良いんですよね?」「キシみにくいノンシリコンシャンプーのオススメはありますか?」ここ数年、ノンシリコンシャンプーに関する質問が凄く増えています。お客様からだけでなく、セミナーで美容師から聞かれることもあるくらいです(^^;) シリコンシャンプーは本当に悪者なのか、そもそもシリコンとは何なのか。僕なりの言葉でお伝えしていきます。

 

こんにちは。a ma maniereのオーナーTakeです。

今回のブログは、お客様からの質問が多いシリコーンについて。

 

ここ数年、「髪に優しいノンシリコン」や「シリコンフリー」などシリコンが入っていないことをウリにしているシャンプーが増えてきました。

シャンプーの宣伝で「シリコンフリー」をうたっているのを見ると、「シリコンって髪に悪いのかな?」と思ってしまいますよね。

 

でも、シリコンっていったい何なのでしょうか?

入っていたら髪にどう影響を与えてしまうのでしょうか?

知っているようでよく分からない、シリコンの疑問にお答えしていきたいと思います。

 

【大丈夫ですよ!】シリコン成分3つの誤解

ノンシリコンシャンプー シリコンシャンプー 違い

最初にお伝えしておきたいことがあります。

それは、シリコンが悪者ではないということ。

 

あとで詳しくお伝えしていきますが、シャンプー選びで大切なのはシリコン入りかどうかではありません。頭皮の状態や洗浄成分、髪の毛の洗い方の方がよっぽど重要です。

まずはシリコン入りシャンプーの“噂アルアル”を3つ、解消しておこうと思います。

 

誤解1.シリコンは毛穴に詰まる

ノンシリコンシャンプー シリコンシャンプー 違い

詰まらないです(^^;

 

シャンプーに入っているシリコン成分が毛穴に詰まって髪の毛が細くなったり、頭皮に痒みが出たり…。

ここ数年かな…どうもこの手の噂が独り歩きしているように思います。

 

シャンプーに配合されるシリコンはめちゃくちゃ細かい粒子なので、髪や頭皮に過剰に付着することは基本的にありません

仮に付着してしまっても、次にシャンプーするときには洗い流されます。

さらに言うなら、頭皮の細胞は日々生まれ変わっていますのでご安心を。

 

そうそう。

シリコンについて詳しくは、「TSUBAKI」や「マシェリ」でお馴染み【SHISEIDOさんの研究結果】で分かりやすくまとめられていましたよ(^^)

 

誤解2.シリコンで枝毛が増える

ノンシリコンシャンプー シリコンシャンプー 違い

増えませんよー(^^;

 

これも噂にすぎません。

そもそもシャンプーに入っているシリコンは、高分子ポリマー。髪の毛をコーティングしたり、指通りをよくするために入っているんですよね。

シリコンは、ファンデーションやスキンケアアイテムにも配合されています!美白美容液でお馴染み「HAKU」、RMKのリクイドファンデーションなどにも普通に入ってますよ。

 

枝毛は、摩擦ダメージや乾燥、強すぎる洗浄成分が原因で起こりやすいトラブルです。

シリコンが入っているかどうかは、重要ではありません。

 

むしろシリコンが入っている方がシャンプーをすすぐときの摩擦が抑えられるので、枝毛予防になると思うのですが…(^^;

コーティング剤のシリコンが原因で、枝毛になることは基本的に考えられないのでご安心を。

 

誤解3.パーマがかからない・カラーが染まらない

ノンシリコンシャンプー シリコンシャンプー 違い

これも、基本的には影響ありません。

 

というかシリコンは、パーマ液やカラー剤にも配合されていますからね。

ここ数年“シリコンフリーのカラー剤”なんかも発売されているのですが、なぜ今さら…というのが本音。

 

でもシリコンが全く影響を与えないのかというと、そうとも言い切れないんです(^^;

 

シャンプーはそもそも洗い流すものなのでそこまで影響しないのですが、問題はトリートメント&洗い流さないトリートメント。

髪の表面がビシッとシリコンコーティングされてしまうことで、パーマがかかりにくかったり、カラーが染まりにくい…なんて影響が出ることもあります。

 

気を付けてほしいのは、シャンプーやトリートメント後に髪がベタベタする人。

 

そうですね…ドラッグストアやLOFTにも売っている「BOTANIST」、使ったことありますか?

BOTANISTの口コミを読んでいると、「使い続けるほどに、シャンプーだけで髪がツルツル!シャンプー後のゴワつきがなくなった」といったものが結構多いです。

これこそまさにシリコンが髪に蓄積された状態!パーマはかかりにくいし、カラーもコントロールしにくいというのが本音…。

ノンシリコンシャンプー シリコンシャンプー 違い

BOTANISTって、洗浄力が弱めなノンシリコンシャンプー&シリコントリートメントなんですよね。

トリートメントに配合されたシリコン剤やオイル成分が、シャンプーで落としきれずに蓄積されて残ってしまう…。

その結果ノンシリコンシャンプーなのに、「シャンプー後の髪がツルツル」という現象が起こるわけです。

 

使い続けるほど髪がツルツルになるのはシリコンやオイル成分が蓄積されるからで、髪が蘇ったわけではないんです。

そもそも髪の毛は死んだ細胞なので(^^;

 

そうそう。

こんな方はシャンプー&トリートメント、両方ノンシリコンのものを試してみるといいですよ。
※BOTANISTはシャンプーだけノンシリコン

  • パーマがかかりにくい
  • 思ったようなカラーにならない
  • シャンプー後の髪がベタつく
シリコンそのものは悪者ではないのですが、ベタつきや仕上がりに不満があるならノンシリコンに変えちゃうのもアリかなと。

 

まとめ

シリコンは、皆さんが思っているほど悪者ではありません。

毛穴を詰まらせたり、枝毛を増やしたり、パーマがかかりずらくなったり…

基本的にはこのような心配は要らないです。

 

ただしこれは、美容師が髪の状態を見て選ぶ場合のお話。

市販のシャンプー&トリートメントで絶対大丈夫かというと、そうは言い切れません(^^;

 

シャンプー&トリートメントの組み合わせ次第では、パーマやカラーが思い通りに決まらなくなるのも事実です。

今シリコン入りシャンプー&トリートメントを使っていて、「パーマが持ちにくいな」「思った色にならないな」と思うなら、ノンシリコンを試してみるといいと思います。

 

もしくは逆に「ノンシリコンを使っているのに髪の状態がイマイチ」というのなら、あえてノンシリコンにこだわる必要はないかもしれません。

シリコンが入っている方が髪の摩擦が抑えられることもありますので。

 

お肌の状態が10人いれば10通りあるように、髪の状態も人それぞれ。

スキンケアと同じで、どれが合うかどうかも人によって違います。

お肌の声を聞くように、髪の毛の声も聞いてあげてくださいね。季節によってスキンケアを変えるように、シャンプーを使い分けてあげるのもオススメです。

 

今回のブログ@関連商品

僕のサロンでは、基本的にヘアケアアイテムは売っていません。

「美容院で何か買わされる」というストレスを感じてほしくないので…!

ということで、今回のブログに関連したオススメアイテムをいくつかご紹介しておきます。店舗やネットで買えるものだけ集めました(^^)

 

ノンシリコンシャンプー&トリートメント

●守り髪

守り髪 150
  • 2,800円

>>公式サイト

シアバター&加水分解シルクのおかげで、ノンシリコンながらキシみにくいのが特徴。アンティークローズの香りで、女性人気高めのシャンプーです。


●YUMEJIN

YUMEJIN 150
  • 初回限定2,800円

>>公式サイト

シリコンシャンプーがと地肌が痒い…という人に試してみてほしいのが、YUMEJIN。アミノ酸系洗浄成分&潤い成分が豊富なので、地肌の乾燥も防ぎます。

 

シリコンシャンプー&トリートメント

●GRACE SEED STELLA

GRACE SEED STELLA 150
  • 初回2,440円

>>公式サイト

ワックスやオイルなどヘア剤を毎日使う、という人に試してほしいのが炭酸シャンプー。なんと、グレイスシードの炭酸泡は濃度5000ppm!しかも天然由来の洗浄成分なので、潤いを残しつつしっかり洗えます。


●バイタリズム

バイタリズム 150
  • 3,680円

>>公式サイト

グルコシド系洗浄剤&アミノ酸系洗浄剤配合で、赤ちゃんにも使えます。洗浄力が穏やかなので、ヘア剤を使ったときは2度洗いで。

 

関連記事

 

そのほか、髪の悩み・髪質別のシャンプー一覧表はコチラからご確認いただけます。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly