Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/nonkokosane/yorubura-funwari.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
【美容師タケ】え、これだけ?ドライヤーを選ぶときのポイント2つ~目指せ艶髪 | a ma maniere ~私のやり方で

a ma maniere

ア・マ・マニエール ~私のやり方で

【美容師タケ】え、これだけ?ドライヤーを選ぶときのポイント2つ~目指せ艶髪

【美容師タケ】え、これだけ?ドライヤーを選ぶときのポイント2つ~目指せ艶髪
【a ma maniereのオーナーTakeが運営する「艶髪ブログ」です】
家電量販店を覗くと、新作のドライヤーがズラリ。価格ドットコムにも、数えきれないほどのドライヤーが売られていますね…。マイナスイオンとかナノイーとか、機能が多すぎて何を選べばいいか分からない!という人は多いです。そこで僕なりに、ドライヤー選びのポイントをまとめてみました。といってもポイント2つなんですけどね(^^;

 

こんにちは。a ma maniereのオーナーTakeです。

「ヨドバシカメラ買えるドライヤーで、髪に良いものありますか?」

…と、つい先日お客様から質問されました。

 

マイナスイオンが出ないタイプだと3000円台で買えるけど、マイナスイオンが出るドライヤーだと2万円近くするということで…。

なかなか買い替えないものだから投資すべきか、それとも安いものでいいのか悩みますよね(^^;

 

そこで今回のブログでは、美髪になるためのドライヤー選びという観点でお話していきます。

ドライヤーを買おうか悩んでいるけど選び方が分からない…という人、ぜひ読んでみてくださいね。

 

ドライヤー選びのポイントは2つだけ!

ドライヤー2 640

  1. 軽い
  2. 強い

 

ドライヤー本体が軽くて、強い風がしっかりと出るもの。

これが僕の考える良いドライヤーです。

値段が安いからダメだとは思いませんし、高いからいいとも思いません。

 

Q1.どうして軽い方が良いの?

突然ですが、こんなことはありませんか?

  • 腕がダルい
  • 乾かしきる前に疲れてしまう
  • 右手で持ったり、左手で持ったり…

 

これらの共通点はドライヤーが重いこと。

片手で持って乾かすので、腕には相当の力がかかってしまうんです。

 

重いとなぜ良くないのか。

 

疲れてしまうからです。

ドライヤー中に腕が疲れてしまうと、乾ききっていないのに「もういいか」となってしまいがち。

特にロングヘアの方は髪の中間から毛先にかけてパサついている方が多いのですが、これもドライヤーでしっかり乾かせていないのが原因…。

 

毎日のことだからこそ、腕に負担がかかりにくい軽いものを選んであげたいですね。

小さなストレスも、女性の髪とお肌には大敵ですから(^^)

 

Q2.どうして強い方が良いの?

旅行先の古いドライヤーでストレスを感じたこと、ありませんか?

風力が弱いと、髪の毛を乾かすのにすごーーく時間がかかってしまうのでストレスですよね。

 

だけど半乾きのまま「もういいや」と辞めてしまうと、髪の毛を傷ませてしまう原因になります。

特に古い旅館のドライヤーは風力がめちゃくちゃ弱くて、しかも重い!ロングヘアのお客様が“自前のドライヤー持参”とおっしゃっていたのですが、それも納得です。

 

あとは距離の問題。

ドライヤーによるダメージリスクを減らすには、ドライヤーと15cm以上離すことが重要です。

 

でも風力が弱いと、ドライヤーと髪の距離が近くなりがち。

距離が近すぎると熱で火傷して、髪の毛がパサパサになるので気をつけなくてはいけません。

 

その点パワフルなドライヤーなら、髪から15㎝離してもしっかり風が届きます。

髪を火傷させずに短時間で乾かせるので、髪も心もストレスフリーというわけです。

 

 

【タケはこれ使ってます】ドライヤー選びのヒント

ドライヤー選びのコツがシンプル過ぎて「結局何を選べばいいの!?」と悩まれる方がいらっしゃると思うので、僕が使ったことのあるドライヤーをいくつかピックアップしてみました。

「これじゃなきゃダメ!」というわけではありませんので、選ぶときの目安にしてみてくださいね。

 


●Nobby

ドライヤー3 640

僕が家で使っているのが、Nobbyのドライヤー。

800gを超える重ためのデザインが多いのですが、軽量タイプなら339gと扱いやすいです。

1万円~2万円以内で買えるので、業務用としては比較的お手頃価格だなと思います。

 

魅力は風力。

今回紹介した3つの中では、圧倒的にパワフルです。

 

ロングヘア―のお客様が「すぐ乾くから、もうこれ以外使えない」と感動されていました。

ただし本来業務用のドライヤーなのでコードが3mと長く、本体も折りたためません…(^^;

 


●Panasonic イオニティ EH-NE5

ドライヤー4 640

旅行用に使っているドライヤーです。

重さは510gと比較的軽いほうで、コンパクトな割には風力もソコソコ。(1.9 ㎥/分)

 

イオニティはそんなに重たくないですし、半分に畳めばコンパクト。

旅行先のドライヤーは当たりはずれがあるので、持っていくと安心です(^^)

 


●Dyson Supersonic Ionic

ドライヤー5 640

お値段5万円ほどと、家庭用とは思えない強気な価格帯のドライヤーDyson。

風力は文句なしの2.4㎥/分

 

本体は630gと軽いわけではないのですが、これだけパワフルなら短時間で乾くのでストレスにならないような気がしますね。

友人の家で使ってみて「これいい!」と思ったのがコレ。Nobbyが壊れたら、Dysonに買い替えようかなと思っています。

 

関連記事

 

 

そのほか、髪の悩み・髪質別のシャンプー一覧表はコチラからご確認いただけます。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly